墓じまいという選択肢のひとつ

最近、よく聞かれるのがエンディングノートや墓じまいという言葉です。
近年の少子化により、子供の数はますます減ってきていますし、家を継ぐことができない家庭が増えているのが現状です。

しかし、祖父や祖母が眠るお墓はずっと残されたままで苔が生えてきたり、汚れがひどくなる一方だというところも多いことでしょう。

教えて!gooについて分かりやすくまとめてあります。

そんな家庭の方におすすめの選択肢が墓じまいと呼ばれるものです。

今、最も注目を集める千葉の墓じまいで快適な暮らしを実現しましょう。

墓じまいは、お寺のお坊さんに自分の家のお墓をお参りしてもらい、お魂抜きを行ったあと、土地をお返しするというやり方です。
子供がいなくて自分たちの代で終わってしまうという老夫婦や、結婚するつもりがないのに墓だけ持っているのは負担になると考えている方、または息子がいても海外赴任で後は継がないと考えている家系にピッタリの選択肢になります。
墓じまいと一言でいってもやり方はいくつかありますので、順序立てて順番に行っていかなくてはいけません。


まず、墓じまいをする日程を決めたら、次にお寺のお坊さんに連絡してお魂抜きをお願いしましょう。お魂抜きを行わないと、墓石関係者もお墓を壊しにくくなりますので、必ずお魂抜きの法要を執り行います。

次に墓石店や墓石関係者にお願いして、お墓が建っている土地を更地にしなくてはいけません。
返す時は借りた時と同じ状況に戻すのが礼儀とされていますので、墓石店にお願いして墓石を撤去してもらいます。



墓石店によって撤去費用が異なりますので、この辺はいくつかの墓石店で見積もりを取ると良いです。