自然葬を執り行う際に気をつけるべきこととは

人が亡くなると遺族の手によって慎ましくも温かい葬儀が営まれますが、宗教や家柄などの枠組みによってその方式があらかじめ決められている場合もあれば、故人の生前の意向や遺族の思いなどによって様々な趣向や方式を取り入れることも可能です。

中でも最近注目を集めているのが自然葬でしょう。

多くの日本人は亡くなるとその遺骨を墓地に埋葬しますが、自然葬ではその考え方が根本的に異なります。

自然葬を理解するには正しい知識が必要です。

遺骨を粉砕して遺灰にしたものを樹木や川、海などの大自然の中に撒くことによって故人の魂を母なる自然の元に返してあげるのです。

とりわけ都心部に住む人にとってはその転居の多さなども相まって代々お墓を受け継いでいくという意識が薄らぎつつあるもの。

こう言った先祖のお墓を持ってしまうと逆に移動の自由を奪ってしまうことにもなりかねません。

そう言った不自由さから解放されるためにも自然葬は極めて有意義な考え方として人気を博しています。
いざ散骨してしまうと自然のあらゆる場所に故人との思い出が感じられ、また墓標などがなくとも散骨場所に行けば故人を偲ぶことが可能となるのです。

教えて!gooといえばこちらのサイトです。

ただし自然葬を執り行うにあたっては専門のノウハウが不可欠です。



特にどこに埋葬するかは非常に重要なところであり、一口に自然と言っても私有地の場合には地主の許可が要りますし、川や海などの大自然でも付近住民の迷惑にならないような配慮が必要です。

その点、自然葬のノウハウに長けた葬儀会社を活用すればどこに埋葬すべきなのかの様々な候補を提案してくれるはず。故人の意向とその実現可能性がちょうど交わるところのプランを提示し満足のいく葬儀を執り行うことができるでしょう。