遺骨を自然に還す自然葬のすすめ

多様化してきた供養方法の一つに、自然葬というものがあります。
その名前の通りに、故人の遺骨を自然の中に散骨する方法です。

埼玉の自然葬を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

最近ではお墓を持ちたくないという考えや死後に自然の中に還りたいと希望を持つ方が増えてきており、自分の供養方法として自然葬を選択する方が多くなってきています。

この供養方法をするとお墓がなく遺骨も遺族の手元に残らないので、遺族の方が墓前で故人を偲べという問題もあります。
しかし、墓地を作るとなると土地の確保のために樹木を切ったり土を掘りかえしたり自然環境を壊すことに繋がり、墓石を建てることでも高い費用が必要となるために様々な面で負担がかかるようになります。

BIGLOBEニュースの基本知識を紹介しています。

自然の中に散骨すれば環境破壊を防止できますし、遺骨が手元になくとも弔った土地を訪れることで故人を偲ぶこともできます。



お墓以外に遺骨を埋めたり散骨することは日本の法律では遺棄罪となることがありますが、自然葬は一つの葬送の形として確立されており法律的にも認められています。

もしも、海や山に自分の遺骨を散骨してもらいたいが違法になるのではと心配されている方がいましたら、きちんと日本の法律でも自然葬は認められているので大丈夫です。


自然の中に遺骨を還す方法は、海に散骨したり山の土地に散骨したり樹木の植木の下に散骨したりと選択方法は複数あります。

自分が最も心惹かれる自然の景色を選び、希望の自然環境の中にとけこむことが可能です。

興味のある方は自然葬を扱っている葬儀会社を利用し、検討してみてはいかがでしょうか。